海を渡る蝶「アサギマダラ」鑑賞地情報

登録日:2019年10月3日

美杉地域では、毎年10月中旬から11月上旬になると、海を渡る蝶「アサギマダラ」が飛来します。

日本で唯一の渡り蝶といわれるアサギマダラの優雅な飛翔は必見です。

 

アサギマダラって?

  

 成虫の大きさは5~6センチメートル、羽を広げると10センチメートルになる大型の蝶で、薄いあさぎ色をしたまだら模様の羽を持っています。

 季節により長距離移動をする日本で唯一の渡り蝶として知られ、東北地方、九州、沖縄、台湾などを拠点に、春は南から北へ、秋は北から南へと移動します。

 

 

鑑賞スポット紹介

 美杉地域の中でアサギマダラが好む花畑がある鑑賞スポットを紹介します。

 

 

美杉地域では、アサギマダラが好む花「フジバカマ」の花畑が拡大中です。

鑑賞スポット情報は随時更新していきます。 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

美杉総合支所 地域振興課
電話番号:059-272-8080
ファクス:059-272-1119