収入が減ってしまい、家計が苦しいなど、生活にお悩みの皆さまへ

登録日:2021年1月14日

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を受け、収入が減少した等の事情により、お金、仕事、住宅など、生活にお困りの人の相談をお受けしています。

相談は、健康福祉部援護課(相談・支援担当)の窓口、または電話でお受けしています。

 

住居確保給付金

離職や廃業、やむを得ない休業等に伴う収入の減少により、経済的に困窮し、住居を失ったまたは住居を失うおそれのある人を対象として、一定の要件の下、家賃相当分の給付金を支給します(注:管理費、共益費、駐車場代は対象外)。詳しくは、住居確保給付金のご案内と住居確保給付金のしおりをご確認ください。

住居確保給付金のしおり(令和2年7月1日時点)(PDF/518KB)

注:令和3年1月1日施行の省令改正を反映したものは準備中です。

厚生労働省ホームページ(外部リンク)

 

相談窓口

 健康福祉部援護課 相談・支援担当
 〒514-8611 津市西丸之内23-1
 市本庁舎1階15番窓口
 電話番号059-229-3541、ファクス059-229-2550
 Eメール229-3151@city.tsu.lg.jp

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 援護課
電話番号:059-229-3541
ファクス:059-229-2550