保育所、認定こども園、地域型保育事業の登園自粛に伴う利用者負担額(保育料)の軽減について

登録日:2020年5月15日

 新型コロナウイルス感染症に係る国の緊急事態宣言の発令等に伴い、子どもたちへの感染拡大防止のための措置として、3号認定子どもの登園自粛を令和2年4月15日(水曜日)からお願いしてきましたが、緊急事態宣言対象区域から三重県が外れたことを受け、令和2年5月17日(日曜日)をもって、登園自粛要請を終了いたします。

 これに合わせ、利用者負担額(保育料)の軽減についても対象期間を変更いたします。

 

概要

 子どもたちへの新型コロナウイルス感染拡大防止のための措置として、令和2年4月15日から同年5月17日まで、津市立小中学校・義務教育学校、津市立幼稚園、津市立幼保連携型認定こども園(1号認定子ども)を臨時休業しています。保育所等においては、就労等の事情のある家庭に対応するため、できる限り新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいますが、当該臨時休業に併せて令和2年4月15日から同年5月17日まで、家庭での保育が可能な場合は、登園の自粛を要請したことから、利用者負担額の算定方法を変更し、当該要請による利用日数に応じた利用者負担額を軽減します。

 

対象

(1) 施設  

 市内の保育所、認定こども園、地域型保育事業

 

(2) 子ども 

 (1)を利用する0歳児、1歳児、2歳児

 

対象期間

 令和2年4月15日(水曜日)から同年5月17日(日曜日)まで

 注:状況に応じ対象期間を変更する場合があります。

  

その他

 「津市特定教育・保育施設等の利用に係る利用者負担額等に関する規則」の改正を行い、対象期間において登園を自粛した日数に応じた利用者負担額を減額します。

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 子育て推進課
電話番号:059-229-3167
ファクス:059-229-3451