東京事務所長日記 31.1.21(観海流水泳)

 

 

 

登録日:2019年1月21日

~東京事務所長です~

毎日、寒い日が続きますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

テレビを見ていると、寒中水泳大会や滝で修行をする姿をよく見ます。正直、風邪をひかないか心配になってきますが・・・。子どもの頃から寒い日に寒中水泳などを行うと、心臓まひを起こして死んでしまうと勝手に思っており、今まで行ったことがありません。寒中水泳や滝での修行をしている人を見ると尊敬する反面、体のことを心配してしまいます。(笑)

今月14日に津市の阿漕浦海岸で「観海流水泳大会」が行われました。この観海流泳法は約160年の歴史がある古式泳法で、疲労の少ない泳法として当時の忍藩(現在の埼玉県)の浪士が考案し、津藩に伝えられ、水軍の兵法に採用されたと伝えられています。

この日は立ち泳ぎで「春風致和」と書く水書の他、「観海流寒中水泳」と書かれた7本の番傘を広げられるなどの披露がありました。 

因みに寒中水泳は、大正12年に第1回が開催。戦後昭和23年からの再開以降は、天候等により中止された以外は毎年実施されています。

もし、興味のある方は来年の寒中水泳大会、一度見に来てください。番傘が開く瞬間にみんなで拍手しませんか。

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143