東京事務所長日記 31.1.29(鯛焼き)

 

 

 

登録日:2019年1月29日

~東京事務所長です~

先週、所用で津市に戻った際、前の勤務地である久居の職場の近くにあった鯛焼き屋さんへ立ち寄りました。私、あんこが大好きですので、仕事帰りに時々立ち寄り、そのお店で焼き立てを食べて、その店の店員さんと話すことが楽しかったです。

その店の店員さん、いつも気さくに話しかけていただいて、仕事が忙しくてしばらく間を開けてしまうと、「お久しぶりですね」と声をかけてくれましたし、新商品が出ると、「一度食べてみてください。」と勧めてくれました。こういうお店での会話が楽しいです。東京ではなかなかないです。

鯛焼きといえば諸説ありますが、津市が発祥です。私は子どもの頃から津市大門にかつてあった「日の出屋」さんが鯛焼きの発祥であると聞いてきました。その日の出屋さんが東京や大阪のデパートに出店して全国に広まったようです。子どもの頃、親やおばあちゃんに大門へ連れてもらった時、時々、日の出屋さんで鯛焼きを買っていたのを今でも覚えています。

ただ、この鯛焼きについては、今川焼きから派生されたとされており、明治の時代に鋳物の型を使って作られたとする説もあり、日の出屋さんが販売されたのは戦後ということで、津市発祥ではないという説もあります。

まぁ、私としては鯛焼きを見たら「津市」と思っていただければ嬉しいです。鯛焼きには罪はないですし、今、津市内には美味しい鯛焼きを売るお店が何軒もありますし・・・。もし、お店の情報が知りたければご連絡ください。こっそりとお教えします。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143