東京事務所長日記 31.2.15(結城神社のしだれ梅)

 

 

 

登録日:2019年2月15日

~東京事務所長です~

私が現在勤務している事務所の敷地内に梅がきれいに咲いています。白とピンク。今、梅のシーズンなんだなと感じています。

梅のシーズンといえば津市では結城神社のしだれ梅。

結城神社の由来についてですが、後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕運動に参加し、建武の新政以後の南北朝時代にも南朝方で戦った結城宗広は北畠顕家親子に従って二度陸奥から京に向けて攻め上ったものの、帰国の途中で難破し、伊勢国で没しました。その墓と伝えられる場所には、塚の上に六体地蔵が置かれ、結城塚と呼ばれるようになりました。

その後、1824年津藩の藩主藤堂高兌により社殿が造営され結城神社と呼ばれるようになりました。神社には後醍醐天皇の綸旨などの史料が所蔵されているようです。

しだれ梅の名所としても有名で、毎年2月中旬から3月下旬にかけてしだれ梅まつりが開催されており、多くの観光客で賑わっています。

私も何度か行ったことがありますが、ホンマにきれいです。桜とはまた違った趣きもありますし・・・。今年は2月9日からしだれ梅まつりは始まっています。まだ、行ったことがない方に是非見ていただきたいです。

http://www.tsukanko.jp/spot/18/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143