東京事務所長日記 31.3.5(大根)

 

 

 

登録日:2019年3月5日

~東京事務所長です~

東京事務所に赴任して、一人暮らしを始めてから11か月が経過しました。普段、朝ごはんとお弁当は自炊していますし、晩御飯についてもお付き合いでの飲み会などを除いて極力自炊しています。食べるのが私一人ですので、買った食材を腐らせないようにするにはできる限り作るのが一番ですから・・・。

でも、アパートのキッチンが狭くて津市に住んでいた頃のような料理ができません。(涙)ほとんど、野菜たっぷりの味噌汁やスープばかりを作って、スーパーで揚げ物などのお惣菜を買ってばかりです。(笑)

買ってくるものは玉ねぎ、にんじんは1個(1本)、カボチャは1/4カット、キャベツは1/2カット、白菜は1/4カット、豚肉は一番小さなパックといった具合に・・・。あと、大根。大根は1/2カットを買いますが、この大根を見ていると、ちょっと寂しいです。というのも、冬場の大根は津市のスーパーへ買いに行くと、農家の直売のコーナーがあり、葉っぱが付いたままの大根が売られています。

私、大根の葉っぱが大好きで、葉っぱを見て大根を買います。それに大根を捨てることなく料理がしたいので・・・。葉っぱはお浸しに。大根の身の部分はおでんや風呂吹き大根に。皮は厚めに剥いて天日干しにして、面取りした大根と合わせてたくあんに。捨てるところがありません。

でも、東京で買う半分の大根は葉っぱがありませんし、私一人が野菜スープを食べるだけですので、天日干しするほどの量も食べませんので、皮は捨てます。(この場合、できる限り薄く剥きます)

東京のスーパーで買う大根より、津市のスーパーで買う大根の方が美味しいなぁ。まぁ、その産地のものをその地で食べることが一番ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143