東京事務所長日記 31.3.6(ミツマタ群生地)

 

 

 

登録日:2019年3月6日

~東京事務所長です~

今回は美杉町石名原のミツマタ群生地について紹介します。

昭和30年頃、山林の多目的利用のためにミツマタが植えられました。その後、 何回か山林間伐作業が行われました。平成24年、通常より強度の間伐作業を行ったところ、それまで一部にしか見られなかったミツマタが一気に広がりを見せました。チラシの言葉を借りると、まさに「金色の絨毯」「手入れの行き届いた森林が生み出す森の中のオアシス」です。 

その広さは約1.5ha。山林の手入れをきちんと行うことで日光が入り、自然に広がりを見せたようです。

3月中旬から4月中旬にかけてミツマタの枝の先に黄色い花を咲かせ、見事に山一面がミツマタの花で包まれます。

是非、この時期に訪れていただき、金色の絨毯を楽しんでください。お越しの際は是非、JR名松線をご利用ください。名松線の終点駅・伊勢奥津駅を降りてすぐのところに伊勢奥津駅レンタルサポートがあり、電動アシスト付自転車を無料で借りることができますので、ご利用ください。

また、4月13日(土曜日)と14日(日曜日)の2日間は三多気桜まつりが開催されています。そのことは次回の東京事務所日記でお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143