東京事務所長日記 31.4.8(すあま)

 

 

 

登録日:2019年4月8日

~東京事務所長です~

暖かくなりましたね。桜が満開の東京です。東京にはたくさんの桜の名所があり、今の職場の近くにも桜の綺麗なところがあります。地下鉄に乗る駅の途中にあるので、その際、目を楽しませていただいています。

さて、先日、埼玉県川越市へ足を延ばしました。川越市は「小江戸」と呼ばれ、古い街並みを生かし、たくさんの観光客であふれています。たくさんの土産物を売るお店や飲食店が立ち並んでいます。 

今回紹介するのは、「すあま」というお菓子。古い街並みへ行く途中まで、地元の方々で賑わう商店街を歩き、そこにある和菓子屋さんで見つけました。以前、私、桜餅のことを東京事務所日記で書いたことがありますが、この時も東の桜餅を発見!買おうと思ってショーケースを見てみると、「すあま」というお菓子が・・・。

正直、こんなの見たことがありません。一瞬、「かまぼこ?」と思ったくらいです。お店の人に聞いてみると、上新粉を蒸して突いたお菓子だという。蒸すだけなら「ういろう」。蒸したものを突いたら「すあま」のようです。

アパートに戻ってきてから食べてみると、これがなかなか美味しい。甘さもほどほどで、弾力があって、初めての食感かもしれません。

このすあまは西日本ではほとんど知られていないようです。津市でも売られているところは知りません。でも、津市には美味しい和菓子がたくさんあります。例えば、今回は「道明寺(西の桜餅)、(東の)桜餅、すあま」を買いましたが、やはり食べなれた西の桜餅が一番美味しかったかなぁ。

それに、私がいつも津市で食べている桜餅の方が美味しいです。地元びいきかもしれませんが。(笑)

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143