東京事務所長日記 令和元.5.16(味噌カツ)

 

登録日:2019年5月16日

~東京事務所長です~

ゴールデンウィークは津市に戻っていました。10日間も休みがあるのですから、さぞかしゆっくりとしたんだろうと言われる方もみえましたが、休みの半分はボランティアのまちおこし活動。県外へ行っていました。

ただ、半分は津市にいましたので、東京ではあまり食べられないものを食べまくっていました。今回はその中から「味噌カツ」を紹介します。

津市は東海地方に位置付けられていますので、食文化などは名古屋の影響を結構受けています。赤みそ文化。当然、味噌カツは子どもの頃から食べていました。大学生の頃、レストランでバイトしており、時々賄いで出されたとんかつが楽しみでした。当時、シェフにお願いして、お店で提供していた味噌カツの味噌ソースをかけてもらっていました。あの時の味は今でもしっかりと覚えています。

その頃は、味噌カツは名古屋が発祥だと思っていました。名古屋に行けばたくさん味噌カツを食べることができるお店がありますし・・・。実はこの味噌カツは津市が発祥ということを知ったときは嬉しかったなぁ。

所説あるかもしれないですが、津市にある 「カインドコックの家 カトレア」さんが洋食屋の味噌カツとして1965年に生まれたと聞いています。私、何度もこの「カインドコックの家 カトレア」さんを訪れたことがありますが、めちゃくちゃ美味しいです。人気店で駐車場に車を止めることができず、諦めたこともあります。

ちょうどゴールデンウィークの中盤で娘と町中へ買い物に出かけた際、味噌カツが食べたくなりました。カインドコックさんではありませんが、味噌カツが美味しいお店です。東京ではとんかつはソースで食べるのがほとんど。まぁ、全国的にはそうかもしれませんが・・・。味噌で食べる地域を探す方が難しいかもしれません。(笑)

名古屋で食べる味噌カツも美味しいですが、津市で食べる味噌カツも美味しいですよ。みなさんに食べてほしいです。

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143