東京事務所長日記 令和元.6.24(鰻と奈良漬)

 

登録日:2019年6月24日

~東京事務所長です~

先日、所用で津市に帰省した際、一人で鰻を食べに行きました。最近、津ぅの鰻を食べていなかったので、ちょっとフラストレーションがたまっていましたし。(笑)

訪れたのは、市役所近くの新玉亭さん。私、昔から行きつけで先代の社長や女将さんからのお付き合いがあります。

鰻を注文して、出てくるまでの約30分の間、メニュー表を見てみると、ちょっと気になることが・・・。それは「鰻と奈良漬」のことが書かれていました。 私、新玉亭さんへ行く際、食べるものをあらかじめ決めていたのでほとんどメニュー表を見なかったので気づきませんでした。

鰻と奈良漬について書かれていたのは次のとおりです。

1.奈良漬の色素(うす茶色)に含まれる抗酸化物「メラノイジン」が、うなぎに豊富に含まれるビタミンやミネラルの吸収を助けスタミナ強化やストレスに対する抵抗力をつけます。

2.奈良漬の酒粕に含まれる「ペプチド」という成分がうなぎの脂肪をほどよく抑え、うなぎの美味ししさをより引き立たせます。

3.奈良漬の瓜はうなぎとともに「う」のつくものであることから、「食せば健全なり」と言われています。

めちゃくちゃ勉強になりました。長い間、鰻を食べてきましたが、全然知らなかったです。もし、新玉亭さんで奈良漬を食べられる際に、一度、メニューを見てくださいね。

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143