東京事務所長日記 令和元.11.11(伝説の罠師とフレンチシェフ)

 

登録日:2019年11月11日

~東京事務所長です~

単身赴任で東京に来ていますと、楽しみなのがテレビドラマ。今、毎週見ているのが、日曜日に放送されている「グランメゾン東京」。木村拓哉さんや鈴木京香さんが東京での三ツ星レストランを目指して奮闘する内容。

11月3日に放送された第3話を見て、私、ドキッとしました。料理コンテストの課題料理がジビエ。そのジビエ料理を作るために伝説の猟師から鹿肉を分けてもらう話・・・。その猟師は銃を使わずに罠を使って鹿を捕獲する・・・。その手法の方が銃で捕獲するよりも血が回らないので、美味しい鹿肉が捕れる。

あれ?この内容昨年のフジテレビの27時間テレビで津市の罠師の方が話されていたこと・・・。この回では舞台は浜松市となっていました。最高の鹿肉を腕の良いフレンチシェフが料理する。えっ?これって津市でのことじゃないの?って思いました。(笑)

まさに「リアルグランメゾン東京」。

私、津市在住の伝説の罠師の方と面識がないし、本人の許可を得ていないので、名前は掲載しませんが、すごい方です。そして、この方が仕留めた鹿肉を津市内のフレンチレストランでいただくことができます。このレストランのシェフもジビエ料理の第一人者。時々、ジビエの料理教室などをされていることを新聞で見ます。

その美味しい鹿肉を食べることができるレストランに私、何度も訪れたことがあります。ディナーコースでメインディッシュでお肉料理を選ぶことができるのですが、私、いつも鹿肉の料理を選んでいます。普段、食べられないので・・・。

また、鹿肉をバイキングで楽しむ会に参加させていただいたことがありました。たくさんの鹿肉料理を好きなだけ食べることができ、その際、伝説の罠師の方もあいさつされたことを覚えています。この時に食べた何種類もの鹿肉料理、最高ぉ!でした。

津市にはそのような素晴らしい鹿肉が食べられますよ。

写真は7~8年前になりますが、鹿肉をバイキング方式で食べた際、お皿に盛ったものです。この後、何種類も料理を食べましたが、どれもめちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143