東京事務所長日記 令和元.11.25(もち小麦のやじろ)

 

登録日:2019年11月25日

~東京事務所長です~

今回はやじろのことを紹介します。やじろ?やじろべえじゃないです。津市の周辺ではもち米を半突きにして串に刺して蜜をかけたものを「やじろ」とか「たがね」とか言っています。呼び方はお店によって違うようです。(あくまでも推測ですが・・・)

全突きで米粒を残さないくらいに突いて、団子状にしたものをみたらし。米粒の食感を残したものをやじろ、あるいは、たがね。

私、津市に戻った時によく通っている餅屋さんがあり、そこでのみたらしや、やじろを食べています。みたらし2本とやじろ2本といった感じで注文して、そのお店でお茶を飲みながら、食べています。最高ぉ!です。みたらしも好きですし、やじろも好き。両方とも大好き。(笑)

先日、娘から1枚の写真が送られてきました。それは、その餅屋さんが津市産のもち小麦を使ったやじろを販売されているとのこと。彼女はすでに食べましたが、これがめちゃくちゃ美味しかったとようです。

うわっ、これ、食べたいなぁ。私、まだ、食べたことないので・・・。次に津市に戻るのは12月・・・。今から楽しみにしておきます。(笑) 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143