東京事務所長日記 令和2.1.24.(名松線で一杯)

登録日:2020年1月24日

~東京事務所長です~

いつも東京から津市へ帰省する際、仕事を終えてから帰ることが多いので、大半は夕方の新幹線に乗ります。特に金曜日や祝日前の夕方などは込み合い、満席になることも・・・。

そんな時間に新幹線に乗ると、サラリーマンと思える方々の手には缶ビール、缶チューハイ、缶のハイボールなどのお酒と駅弁、あるいはつまみの類を持っている姿をよく見かけます。それも嬉しそうに・・・。(笑)

そして、席に着くなり、「プシュッ!」。そのサラリーマンと思える方々の笑顔が最高潮になる瞬間!みんな一仕事終えての安堵感か、あるいは家族のもとに帰ることの安心感か、またまた、恋人に会うための嬉しさからか、その人それぞれでしょう。(笑)

お酒を飲めない私はいつも炭酸水を買うだけ。晩御飯も大抵は東京駅新幹線ホームの立ち食い蕎麦屋で済ませますので、食べ物を持ち込むことは少ないです。時々、蕎麦を食べられない時はサンドイッチなどで軽く済ませます。

新幹線の中からの景色を見ながら炭酸水を飲むのも結構楽しいものですね。特に、夏頃ですと夜の7時を過ぎでも明るいので、景色の移り変わりを楽しみながら飲んでいます。

ただ、新幹線は早すぎるし、遠い距離の景色しか楽しむことができません。

よく考えると、FBで名松線で缶ビールなどを飲んで楽しんでいる人を見かけます。これ、良いですね。ゆっくりと走り、車窓から見る景色を楽しみながらゆっくりとお酒を飲むなんて、すごく贅沢なことだと思います。景色を見るのはタダですし・・・。それに、泥酔などで他の乗客に迷惑をかけなければ大丈夫でしょう。列車の中は「禁酒」ではありませんし。飲酒運転も関係ないですし。

簡単なつまみとお酒を持ち込み、自分や仲間たちの楽しい空間を楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。絶対に迷惑をかけないということが前提で・・・。(笑)

写真はイメージです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143