東京事務所長日記 令和2.1.30(恵方巻)

登録日:2020年1月30日

~東京事務所長です~

前回、節分のことについて書いたので、今回もそのつながりで・・・。

恵方巻。節分の日に巻き寿司を丸かじりするっていう風習、いつから始まったのでしょうか。私が子どもの頃にはなかったと記憶しています。

ちょっと調べてみると、大手コンビニの関係者が「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と仕掛けたことから1998年から全国に広がり、2000年代以降に急速に広がったようです。大阪には昔からあったのかなぁ。

1998年というと、私も津市の職員として働いています。この広がりを受けて家では家族で太巻き寿司を食べるようになりました。

ただ、私としては太巻き寿司を丸ごとかじるのはあまり好きではありません。食べたときのかじったところが汚らしい。自分が食べているのですが、歯形がついている状況の巻き寿司はちょっと・・・。ですので、いつも切って食べています。まぁ、太巻き寿司を食べる主旨からは外れるかもしれないですが、せっかくなら美味しく食べたいので・・・。(笑)

お寿司屋さんに行って、細巻き寿司を注文する場合も手巻きよりは普通の細巻きを4分割あるいは6分割に切ってもらい、一口で食べられるようにしています。手巻きですと、一口で食べるのが難しく、歯形がつくような食べ方になってしまうので・・・。

今年の2月3日はどうしようかなぁ。スーパーで太巻き寿司を買って食べようかなぁ。みなさんも楽しい節分を迎えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143