東京事務所長日記 令和2.2.4(ごんぼ祭りと祭ごんぼ)

登録日:2020年2月4日

~東京事務所長です~

今回はごんぼ祭りと祭ごんぼのことを紹介します。

ごんぼ祭りは、室町時代、北畠氏の祈願所として信仰を受けた仲山神社に伝わる祭りで、氏子たちが威勢良く担ぐ男女のシンボルのお神輿を担ぎ、境内を練り歩き、御神体は、祭場にまつられ祭礼が行われます。

続いて、氏子の厄を払う「弓神事」、ボラを直接手で触れずにおろす「まな板行事」が古式どおりに行われ、祭礼に は当屋の調理したゴボウ(ごんぼ)が朴の葉に盛られ、ボラとともに神前に供えられます。それが「ごんぼ祭り」と呼ばれる由来とされています。

そして、その時期に作られて販売されるのが、祭ごんぼ。ゴボウを蒸して特性味噌を塗ったものでお酒のつまみによく合います。お酒を飲まない私が言うのも何ですが・・・。味も山椒味と唐辛子味の2種類。

私、このごんぼ祭りも祭ごんぼも津市が合併するまで知りませんでした。祭りは衝撃的でしたし、祭ごんぼもこのような形でごぼうを食べたのも初めてでしたし・・・。

今年は2月11日(火・祝)に開催されます。是非、興味がある人は遊びに行ってください。ただ、かなり冷えますので、しっかりと着込んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143