東京事務所長日記 令和2.3.24(津偕楽公園の桜)

登録日:2020年3月24日

~東京事務所長です~

今回は津偕楽公園の桜を紹介します。

津偕楽公園は津駅の西口から徒歩10分くらいのところに位置し、津藩第11代当主藤堂高猷(とうどうたかゆき)公がこの地に別荘を設けたのが始まりです。

春には桜や紫つつじが咲き誇り、秋には紅葉が美しく咲いており、市民の憩いの場となっています。

新型コロナウイルスの影響で今年の春まつりは残念ながら中止となってしまいましたが、桜は咲いています。是非、足を運んでほしいです。

地面に座っての飲食や食べ歩きは控えてほしいとのことです。でも、茶店は営業しています。桜を見ながら茶店で美味しい料理を楽しみましょう。

私も子どもが小さい頃、よく花見に出かけました。桜はもちろん綺麗ですが、目的は茶店で美味しいものを食べること。茶店でタニシ田楽やおでん、みたらしなどを楽しんだものです。

できる限り、人と人との距離を保ち、マスクをつけるなどして出かけましょう。家に閉じこもっていても気が滅入ってしまいます。綺麗な桜を見て、美味しいものを食べて新型コロナウイルスによるこの陰気臭い雰囲気をみんなで乗り切りましょう。

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143