東京事務所長日記 令和2.6.12(ボートレース津)

登録日:2020年6月12日

~東京事務所長です~

今回はボートレース津のことを紹介します。今月15日よりようやくボートレース場にお客さんを入れて開催することになりました。新型コロナウイルスの感染拡大により、しばらく無観客による開催となっていたので、嬉しいことです。

私あまり賭け事は好きではないので、いつもボートレース津を訪れているわけではないのですが、イベント開催などはよく訪れていますし、その際、レースが行われていれば、お小遣いの範囲内でちょっと遊んでいます。1レース500円×3~4レースといったところでしょうか・・・。結果は・・・。たまに勝つことはありますよ。(笑)

ボートレース場って何となく暗いイメージを持っている人も多いかもしれないですが、今はそんなことないですよ。雰囲気は明るいですし、子どもと一緒あるいは家族連れでお越しいただく方も多いです。

それと、私がいつも楽しみにしているのはボートレース場での食堂でご飯を食べること。うどんやどて煮、焼きそばなど何となく縁日でご飯を食べているようなウキウキ感が味わえるので・・・。

あと大事なことが。津市において本年度はモーターボート競走事業会計から一般会計へ20億円繰り出していますし、さらに新型コロナウイルスの感染拡大の影響により津市独自の対策を講じるためさらに10億円の繰り出し・・・。立派に社会貢献をしています。

昔、友人をボートレース場に案内したことがあり、その際、「レースで勝てば自分の財布が潤い、負けてもそのまちのために使われると思って」と言うと、その友人は笑っていました。

ボートレース津へ遊びに来てください。そして、レースの迫力を直に感じてください。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による陰気臭い雰囲気をみんなで乗り切りましょう。コロナには負けない!

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 東京事務所
電話番号:03-6672-6868
ファクス:03-6673-4143