雨水貯留タンク設置補助金制度

登録日:2020年5月28日

雨水流出抑制の必要性

近年、都市化の進展により地表面がコンクリートやアスファルト等で覆われ、雨水が地中へ浸透せず流出したり、集中豪雨が頻発するなど降雨形態が変化しています。このため、公共による排水施設整備だけではなく、雨水を貯留したり、地中へ浸透させるなど、雨水流出抑制が必要となってきています。

補助金制度

そこで、津市では雨水の流出抑制を図り、浸水被害の軽減をさせることを主な目的として、雨水排水区別計画区域(JPG/1MB)内の建物に雨水貯留タンクの設置にご協力いただける人で事前に申請をされた人を対象に、雨水貯留タンクの購入費及び設置工事費の一部を補助する制度を行っています。

  • 申し込みは、先着順で行いますが、補助金の予定額に達した時点で終了します。
  • 雨水排水区別計画区域(JPG/1MB)とは、津市公共下水道事業全体計画における志登茂川処理区及び中央処理区の全域、雲出川左岸処理区並びに椋本処理区の都市計画区域をいいます。(市内の一部で本制度をご利用できない地域があります。事前に確認をお願いします。)

雨水貯留タンクの図

対象となる人

雨水排水区別計画区域(JPG/1MB)内の建物において、雨水貯留タンクを設置する人(法人も可)

対象となる雨水貯留タンク

雨水貯留タンクとして市販されている貯留容量80リットル以上のもの

注: 津市内の業者で購入及び設置したものに限ります。

対象となる費用

雨水貯留タンク本体購入費及び設置工事費

補助金額

雨水貯留タンク本体購入費及び設置工事費の3分の2以内の額とし、その限度額は4万円

その他

注: 雨水貯留タンク購入、設置前に(第1号様式)雨水貯留タンク設置補助金交付申請書等の提出をしてください。

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

上下水道管理局 営業課
電話番号:059-237-5805
ファクス:059-237-5819